「JA制御ヒダピオ」の使い方(簡略版)
詳細版

メニュー

◆出席番号を入れてスタートしましょう
  ●出席番号によって、それぞれのメニューのファイルが保存されます。
    (例)3年4組5番→3405


基礎実験1(出力実験)


◆ボタンを押すと

  ●青は赤になり
  ●出力指定数が表示され、
  ●ヒダピオ学習回路の赤に該当するLEDが点灯します。

◆出力指定数に0ー255の数値を入力し、「スタート」ボタンを押すと
  ●出力指定数に応じてボタンが赤や青になり
  ●赤に該当するヒダピオ学習回路のLEDが点灯します。

使用法 使用法(youtube)

基礎実験2(くり返し処理編)


◆下の方のボタンを押すと、

  ●処理内容が表示され、

    ※portB 85,300の意味
      …命令 「portB」 → Bポートに出力
      …出力指定数「85」 → 2進数「01010101」 → 
      …出力時間 「300」 → 300m秒=0.3秒
         出力時間はスライドバーで変えることができます。

  ●ヒダピオ学習回路の赤に該当するLEDが点灯します。

  ●動作を無限に繰り返すプログラムでは、「STOP」ボタンで停止します

使用法 使用法(youtube)

基礎実験3(2進数)


◆出力指定数を入力して「変換」ボタンを押したり、■ボタンを押すと

  ●出力指定数(10進数)を2進数や16進数に換えて
  ●2進数の「1」のところのヒダピオ学習回路のLEDが点灯します。

使用法 使用法(youtube)

基礎実験4(入出力)

◆入力ポート(D0,D1,D6)の入力の状態を確認できます。

  (例)
     ヒダピオ学習回路のCdSに手をかざすと、D0ポートの数値がからになります。

       ※もしならない場合は
         光の当たっている状態で
         D0ポートの数値がからに変わるところまで
         半固定抵抗器を右にゆっくり回して調節して下さい。


使用法 使用法(youtube)

簡易プログラミング
◆各部の名称と役割


◆プログラムを作成する
●「ddrB=255」ボタンを押して、「追加」ボタンを押す。
●どれかボタンを押してに換え、「追加」ボタンを押す。
●もう一度ボタンを押してに換え、「追加」ボタンを押す。
●「End」ボタンを押して、「追加」ボタンを押す。

●ヒダピオ学習回路を見ながら、「実行」ボタンを押す。

◆プログラムを改良する
●プログラムの「ddrB=255」の下の行をクリックする。
●「Do」ボタンを押して、「挿入」ボタンを押す。
●プログラムの「End」の行をクリックする。
●「Loop」ボタンを押して、「挿入」ボタンを押す。

●ヒダピオ学習回路を見ながら、「実行」ボタンを押す。

●「STOP」ボタンを押す。
◆字下げする
●プログラムの「Do」の下の行から「Loop」の上の行までをドラッグして、青くする。
●字下げパネル(プログラムの上の方)の「○1」ボタンを押す。

使用法1(youtube) 使用法2(youtube) 使用法3(youtube)